【Q&A】申し込み前

申し込み前

それぞれの級に受験資格はありますか。
ありません。どなたでも、どの級でも受験いただけます。
6級から順番に受験しないといけませんか。
いいえ、ご自分のレベルに合わせてお好きな級を受験して下さい。
以前合格した級を再度受験することはできますか。
はい、同じ級を何度でも受験いただけます。
同じ日に2つの級を受験することはできますか。
はい、連続した級でしたら可能です。(1級と2級、2級と3級、3級と4級、4級と5級、5級と6級)。
ただし1級は秋季のみ実施します。
オンライン申込の場合は、2つの級をそれぞれお申し込み下さい。
郵送申込または書店・生協申込の場合は、一通の願書に2つの級を記入してお申し込み下さい。
どのように出願すればいいですか。
A:オンライン申込、B:郵送申込、C:書店・生協申込の3つの方法があります。
詳しくはこちらをご確認下さい。
検定料はいくらですか。
【A. オンライン申込】
1 級 12,000 円
2 級 10,000 円
3 級 8,000 円
4 級 6,000 円
5 級 5,000 円
6 級 4,000 円

【B. 郵送申込/ C. 書店・生協申込】
1 級 12,300 円
2 級 10,300 円
3 級 8,300 円
4 級 6,300 円
5 級 5,300 円
6 級 4,300 円

*上記の金額には願書データ化手数料(300 円)が加算されています。
*金融機関振込手数料、オンライン決済手数料等は出願者様にてご負担下さい。
*検定料はすべて消費税込みの金額です。

何級を受けたらよいか、よくわかりません。
各級のレベルはどれくらいですか。
当協会ホームページの「スペイン語技能検定について」のページの【受験の目安とサンプル問題】をご覧下さい。
留学経験がなくても、2級は合格するでしょうか。
日本においても、例えば留学生とスペイン語で過ごす機会が頻繁にあるとか、仕事先でスペイン語を使う場面が多いといった環境があるなら、チャレンジしてみて下さい。
大学で、第二外国語としてスペイン語を2年間勉強しました。授業は週2回でした。
3級を受験したいと考えていますが、難しいでしょうか。
文法で接続法現在まで学んだのであれば、4級から受験することをお勧めします。
すでに4級に合格しているのであれば、スペイン語のニュースで社会、文化、スポーツなどの文章を読んだり、あるテーマについて自分の意見を述べたり、解決策を提案したり、依頼文や招待状などは作成できるようにするなどの対策をして、3級にチャレンジして下さい。
高校2年生です。学校でスペイン語の授業を週1回とっています。
何級を受けたらよいですか?
規則動詞の活用や、ir, quererなどよく使う不規則動詞を使って文法練習を解くことができ、自己紹介や自分の日常の行動が言え、estar動詞を使って体調を伝えたり、家族や友達のことを説明することができたり、道案内などができれば、6級から受けてみることをお勧めします。
ラテンアメリカのスペイン語は出題されますか?
3級以上では、スペイン語圏各地のスペイン語に語彙や用法の多様性があるということを理解していることが求められます。
4級以上においては、スペインで使われる2人称複数形vosotrosとその活用は習得しておいて下さい。
5、6級においては、特定の地域に特有の語彙や用法を問われることはありません。